聴く技術

聴く技術

カウンセリングというとどんなイメージがあるでしょうか。

カウンセリングに不安を抱いたり誤解を持ったりする大きな理由の一つとして、
何をするのかが分からないというのがあると思います。

どのように始まり、どのように進んでいって、どのように終わるものなのか。
それが分かれば、不安や誤解は多少軽減されると思います。

まず、カウンセリングは来談者と会話して、いい感じのところでいい感じのことを言ったり、
直接的に問題解決を促すアドバイスをして終わりと思っている方は、
そのイメージを失くしましょう。

カウンセリング一般に言えることなのですが、ほとんどのカウンセリングでは開始から
終了まで聴く技術が使われます。。

恐らく、一般に広く認識されている話す技術というものは理解に容易くても、
耳慣れない「聴く技術」という言葉が想像しにくいのかもしれません。

しかし、この聴く技術というのは非常に重要な役割を持ちます。
来談者の情報を取得することはもちろんですが、それ以外に、来談者に安心して
話が出来る場であることを理解してもらう役割を持っており、
来談者に安心してもらうことで信頼関係の構築にも大きく関係してきます。

話を聴いて、ちゃんと聴いていることを、話を理解していることを相手に
理解してもらうことで、初めて前に進むことが出来るのです。

copyright(C)タロットを楽しもう!