カウンセリングの起源

カウンセリングの起源

カウンセリングという言葉が今日のように使われ始めたのは、
20世紀初頭のアメリカにおいてです。

このカウンセリングの源流・土台となったのは、20世紀初頭の職業指導運動、精神測定運動、
精神衛生運動の3つだと言われています。

この運動は1909年に始まったとされています。当時は個人の適正など考慮されることなく、
従業員は機械的に仕事を割りふられ、こなすだけでした。

しかし、それによって退職者が続出し、これを何とか改善できないかということで、
「職業指導の父」といわれているパーソンズが「丸い釘は丸い穴に」というスローガンのもと
職業指導運動を起こしました。

彼は1908年にボストンに職業指導局を開設し、適材適所を理念とし、職業指導を行いました。
ここで指導を行う人を「カウンセラー」と呼び、彼らは職業の分析と個人の分析を結びつけることでした。

これ以降「職業カウンセリング」という言葉も生まれ、発展していきました。

教育測定運動、この運動は、端的に言うと心理テストの開発です。

精神衛生運動とは患者の内的世界・内面を理解することが重要であることを提唱しました。

この運動は、その後のカウンセリングの発展に大きな影響を与えています。
この運動がなく、前の2つの運動だけであったら、人間理解ということが欠落した
カウンセリングになっていたと言われています。

copyright(C)タロットを楽しもう!